金属熱処理 Q&A

 伸びる・縮む / 合金工具鋼(SKD11、SKS3など) / 焼入れ / 焼戻し / 硬さ / 窒化処理に関するお問い合わせ

NAK55やNAK80で制作している製品をSKD11に材質変更することを検討しています。何か注意することはありますか。

【前提条件】

NAK55を機械 加工後、窒化して表面硬さをアップしていた。

『材質変更の目的』

本体強度をアップするため

 

注意することの全部を網羅することはできませんが、

いくつか気が付くことを列挙します。

 

(注意事項1)

SKD11で焼入れ焼戻しをして、

その後に窒化処理をすれば

本体の硬さはNAK55の時より上がります。

しかし、

焼入れ焼戻しは寸法変化を伴うため、

焼入れ焼戻しで硬くなった製品の

仕上げの加工が必要となります。

その後に窒化することになります。

 

(注意事項2)

焼入れ焼戻しの段階で

後工程に窒化処理があることを

想定した処理をしないと、

せっかく仕上げた製品も 窒化処理で

寸法が大きく動く場合があります。

 

(注意事項3)

NAK55やNAK80を最初に選定されたということは

それなりの理由があると考えられます。

NAK材はカタログ等で確認すると

<鏡面仕上性>を得られる鋼材

ということがわかります。

硬さだけでなく鋼材の特性も

加味した判断が必要です。

 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします

 



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要