金属熱処理 Q&A

 合金工具鋼(SKD11、SKS3など) / 機械構造用炭素鋼(S45Cなど) / 歪む・曲がる / 硬さ / 高速度工具鋼(SKH51など)に関するお問い合わせ

薄いプレートの焼入れ焼戻しをしたら、反ってしまいました。 反りを直すと硬さが下がってしまうのですか?

プレートの焼入れで

反りが発生した場合は

焼戻しの工程で矯正します。

 

焼戻しの温度を高くすることで

矯正が可能になりますが

その結果として硬さが下がってしまう場合があります。

 

高い温度で使用するような鋼材(SKD61やSKH51)は

もともと高い温度に対する耐性が強いので

焼戻しで矯正するのが他の鋼材に比べて直りにくい時があります。

 

焼入れ性がよくないS45Cなども

焼戻しで矯正しにくい鋼材です。

反りが直ったとしても極端に硬度が下がってしまうことがあります。

 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  11名
  • 2級金属熱処理技能士  7名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2020年3月現在)


工具鋼のブランド対照表
営業エリア