金属熱処理 Q&A

 ステンレス鋼(SUS304、SUS440Cなど) / 歪む・曲がる / 焼入れ / 高周波焼入れに関するお問い合わせ

細いピンの焼き入れ後の曲りがひどくて困っています。φ5×100mmのシャフトの焼入れです。材質SUS440C、指定硬度HRC55~です。


ご質問いただいた図面を確認すると、硬さが求められているのは図面右端面から約15mm程度とのことで

高周波焼入を提案します。高周波焼入ですと熱処理による影響が限定的なので、その後の曲り矯正もしやすいです。

しかし先端部分が溶融してしまう可能性があります。

また、この形状からすると高周波焼入後に現品自体の硬度検査は難しいです。

SUS440Cの曲り

SUS熱処理Q&Aまとめはこちら



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード