金属熱処理 Q&A

 ステンレス鋼(SUS304、SUS440Cなど) / 伸びる・縮む / 機械構造用炭素鋼(S45Cなど) / 焼入れ / 焼戻し / 硬さ / 窒化処理に関するお問い合わせ

窒化に向かない材質ってありますか?

要望がはっきりわからないと

向いているか否かで回答するのは難しですね。

 

『窒化後の母材硬度もある程度欲しい』

という要望があれば

窒化の処理温度プラス30℃ぐらいの焼戻しをしても

硬度が維持できる材質が向いているかと思います。

 

S45Cを例にとって説明します。

焼入れ(焼戻し温度180℃)で処理して

HRC40の硬さが入りました。

研磨で仕上げ

窒化(処理温度550℃)したとします。

 

最初の焼入れしたときの硬度HRC40は

窒化処理の影響で

HRC20ぐらいまで低下してしまいます。

さらに寸法変化も生じてしまいます。

 

その他

窒化の種類によっては

ステンレスには処理できない場合も

ありますので事前に確認されたほうがよいです。

 

最新版の材料価格早見表はこちら

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  11名
  • 2級金属熱処理技能士  7名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2020年3月現在)


工具鋼のブランド対照表
営業エリア