金属熱処理 Q&A

に関するお問い合わせ

真空炉での冷却を窒素で行うとのことですが、マイナス196℃の液体窒素に漬けて冷やすのですか?

酸素がある状態で熱処理を行ないますと

熱処理品は酸化して

その表面は黒くなってしまいます。

酸素が無い状態にするために

いろいろな雰囲気の真空炉(窒素、水素など)があります。

 

窒素で冷却すると言っていっても

気体の窒素を使います。

その気体の窒素ですが、純度が求められます。

少しでも酸素が混入すれば

真空炉を使って熱処理をしても

熱処理品は酸化して

その表面は黒くなってしまいます。

 

ちなみに

熱処理の一種のサブゼロ処理は

液体窒素をそのまま使います。

製品をマイナス80℃~マイナス140℃程度まで

冷やします。

 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします

 



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  11名
  • 2級金属熱処理技能士  7名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2020年3月現在)


工具鋼のブランド対照表
営業エリア