金属熱処理 Q&A

 割れる・折れる / 硬さに関するお問い合わせ

熱処理品について顧客からクレームがありました。実際の熱処理品を調査したところ結晶粒が幾分粗大化している恐れがあるとの回答を調査機関からもらいました。結晶粒が粗大化するとどのような影響があるのでしょうか?

所定の焼き入れ温度を超えて処理した場合や長時間焼入れ温度で保持し過ぎた場合に、鋼の結晶の各粒々が通常よりも大きくなることがあります。これを『結晶粒の粗大化』と言います。

結晶粒が粗大化すると機械的性質である『伸び』や『衝撃値』に影響を及ぼします。

 

結晶粒が粗大化のしていないものと
結晶粒が粗大化しているものを比較した場合
“硬さ試験”の変化は殆んど確認できません。
しかし引張試験における”伸び”および衝撃試験には顕著に現れます。

 

 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします

 



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード