金属熱処理 Q&A

 真空熱処理に関するお問い合わせ

熱処理でベーキングってなんですか?

金属熱処理でベーキングとは

一般的にメッキ品に対する熱処理を言います。

その種類(目的)は以下の二つに分かれます。

 

①メッキ後の水素脆性の除去

 

メッキ処理工程で

製品の内部に水素が入り込み

その影響で製品が脆くなる(水素脆性)の

除去を目的として施す熱処理です。

(100~200℃程度)

※メッキをしたら必ず処理しなければ

ならないというわけではなく

依頼者の希望により施すようです。

通常メッキ屋さんで処理します。

 

②無電解ニッケルメッキの硬度アップ

 

無電解ニッケルメッキをした製品の膜厚硬さを

増すために施す熱処理です。

(400℃程度)

真空炉で行います。

400℃程度で処理しますので

製品の母材硬度が

低下しないような

前処理・材質を選択する必要があります。

また、母材硬度が変化すると

寸法も変化する可能性が高いです。

 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード