金属熱処理 Q&A

 機械構造用合金鋼(SCM435など) / 機械構造用炭素鋼(S45Cなど) / 焼入れ / 焼戻し / 硬さに関するお問い合わせ

焼入れ性を保証したH鋼というものがあると聞きました。これはすべての鋼種についてH鋼というものがあるのでしょうか?

全ての鋼材についてH鋼があるわけではありません。

特定の構造用鋼鋼材について規定されています。

鋼種の分類は5種類の限定列挙です

鋼種の番号の後に『H』が付きます。

 

・マンガン鋼⇒SMn×××H

・マンガンクロム鋼⇒SMnC×××H

・クロムモリブデン鋼⇒SCM×××H

・ニッケルクロム鋼⇒SNC×××H

・ニッケルクロムモリブデン鋼⇒SNCM×××H

 

焼入れ性をどのように保障しているかというと

焼入れ性を確認する試験方法も細かく決まっています。

『一端焼入法』(通称:ジョミニー試験)

 

『H鋼』だからと言って全体が均一に硬くなるというものではなく
硬さに関して『一定の条件を満たす』と考えて頂きたくのがよろしいかと思います。

 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード