金属熱処理 Q&A

 問題解決 / 歪む・曲がる / 硬さに関するお問い合わせ

焼入れ時に窒素ガスなどで冷却すると歪みにくいと聞きましたがなぜですか?

焼入れ焼戻しで生じる

歪み・反り・曲りなどの 変形の要因の一つに

焼入れ時の冷却スピードがあります。

冷却スピードが速くなければ硬度がはいりません。

 

しかし

冷却スピードが速すぎれば、変形も生じやすいです。

 

冷却スピードの比較

【早い】水>油>ソルト>ガス【遅い】

 

ガス冷却は

冷却スピードが遅いので歪みにくいです。

 

ただ

焼入れ時にガス冷却しても

硬度が入らないものがあります。

 

例えばS45Cは、

変形が少ないからといって

焼入れ時にガス冷却した場合

想定する硬度が入らないでしょう。

鋼種ごとに適した冷却方法があるからなのです。

 

▼資料ダウンロード↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします

 

 



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード