金属熱処理 Q&A

 機械構造用合金鋼(SCM435など) / 焼なまし / 調質に関するお問い合わせ

溶断したSCM435を調質して欲しいのですが何か注意することはありますか。

まずSCM435等の合金鋼を溶断するのはあまり一般的でないようです。

C含有量が多い材料を溶断すると硬化してしまうため、材料を300度ぐらいに予熱して行っているそうです。

(弊社では溶断は行っていません)

その後に調質するということですが、溶断していることから以下の注意点があります。

溶断後には焼きなましをしないと割れや焼むらなどを引き起こす可能性があります。

また、溶断すると表面が脱炭しているため表面は硬度が入りません。

脱炭面を除去するために、焼きなまし後に溶断面は3~5mm程度切削加工する必要があります。

調質前にこの切削加工を行わないと調質後の硬度測定が正確に行えません。

以上のことをまとめますと

工程が以下のようになり納期、コストに影響します。

溶断⇒焼きなまし⇒表面3~5mm程度切削⇒調質

 

いくつか御提案できることがあります。

お気軽にお問い合わせください。

 
 
 
 


熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード