金属熱処理 Q&A

 ステンレス鋼(SUS304、SUS440Cなど) / 応力に関するお問い合わせ

溶接したステンレス(SUS304)には、固溶化処理するのか応力除去焼鈍するのがよいのか悩むところです。何か判断基準はありますか?

SUS304のような

オーステナイト・ステンレスでは

溶接後には粒界腐食対策として

固溶化処理するのがベストだと考えています。

 

しかしさまざまな理由から

それがかなわない時は

次の最善策として

SUS304Lや316Lなどの

低炭素ステンレスを選定して

応力除去焼鈍することも

考えられます。

 

一般的ではないですが

チタン添加したSUS321や

ニオブを添加したSUS347

(安定化ステンレスと言う)

も粒界腐食対策としては有効です。

 

SUS熱処理Q&Aまとめはこちら

SUS304の焼鈍と固溶化処理の違いについて

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします

 

 



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要