金属熱処理 Q&A

 機械構造用合金鋼(SCM435など) / 浸炭焼入れ / 硬さに関するお問い合わせ

浸炭焼入をした場合、SCM415とSCM420では硬度の違いがでますか?

たとえば

同じ製品を

『SCM415で作ったもの』と

『SCM420で作ったもの』を

比較できたら硬度の違いがわかりやすいですよね。

 

弊社のお客様で実際に調べた方がいらっしゃいます。

 

浸炭焼入した場合には

たとえ表面硬度で硬度差がでなくても

内部硬度で明らかな差が出てきます。

 

理屈では

『そりゃSCM420のほうがC%が高いのだから当たり前でしょ』

と思いますよね。

 

ただ、その違いを比較している情報って

ネットで調べてもなかなか見つけられませんでしたので貴重なデータです。

 

C社のご担当者様、情報提供ありがとうございます。

 

通常、内部硬度は製品を切断して

その切断面をきれいに磨いて

『マイクロビッカース硬さ試験機』という

顕微鏡のような硬度計で測定しないと

分かりません。

 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  11名
  • 2級金属熱処理技能士  7名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2020年3月現在)


工具鋼のブランド対照表
営業エリア