金属熱処理 Q&A

に関するお問い合わせ

『析出硬化処理』と『焼入れ焼戻し』って何がどう違うのですか?

析出硬化処理をする材質で

一般的なものにSUS630があります。

 

焼入れ焼戻しをする材質は多種にわたります。

代表的なものに

S45C、SCM435、SUJ2、

SK3、SKS3、SKD11、

SUS440C、SKH51などがあります。

 

析出硬化処理も

焼入れ焼戻しも

製品を硬くする処理です。

 

両者の違いのひとつに

硬さの均一性があります。

 

析出硬化処理では

一定の温度で

加熱することで硬くなります。

 

焼入れ焼戻しでは

一定の温度で加熱した後 

【急冷】する

ことで硬くなります。

 

析出硬化処理の

品物の硬さはほぼ均一になります。

 

しかし

焼入れ焼戻しの品物の硬さは、

品物の表面から中心部までを

同じ速さで均一に【急冷】することは

物理的に難しいため

同一製品の

表面と中心部では

硬さが異なるのが

一般的です。

その硬さの違いは

製品が大きくなればなるほ

ど顕著に表れます。

 

最新版の材料価格早見表はこちら

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします

 

 

 

 



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  11名
  • 2級金属熱処理技能士  7名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2020年3月現在)


工具鋼のブランド対照表
営業エリア