金属熱処理 Q&A

 割れる・折れる / 鋳鉄品(FCDなど)に関するお問い合わせ

強度を必要とする工業用のディスクブレーキに球状黒鉛鋳鉄(ダクタイル)ではなく、ねずみ鋳鉄の使用の方が向いている理由を教えていただけますか?

球状黒鉛鋳鉄は、読んで字の如く黒鉛が球状です。
よって、放熱効果は低くなります。
そのため急ブレーキを連続して使用するとディスクに熱が蓄積し、破損に至ることがあります。


一方、ねずみ鋳鉄の

 

黒鉛形状は片状(長細い形状)であるため放熱効果が著しく高いことが特徴です。
そのため自動車などのディスクブレーキの材質の殆どは、ねずみ鋳鉄です。

 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします

 

 

 



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード