金属熱処理 Q&A

 焼入れ / 焼戻し / 硬さに関するお問い合わせ

同じ材質を焼入れ焼戻しした場合でも、大きさによって硬度は変わりますか?

焼入れ品の大きさが硬度に多大な影響を与えることがあります。

専門用語では『質量効果』と言います。

 

簡単に説明しますと

※①

焼入れするものの大きさが大きくなればなるほど、硬度が入りにくくなります。

※②

硬度の入り易さ、入り難さは、材質によって大きく変わります。

 

※①について

焼入れ焼戻しは、鋼材を一定の温度まで熱した後、急激に冷やすことによって硬くなります。

つまり、冷える早さが硬さの値に影響を与えます。

早く冷えないと一定水準以上の硬さにならないのです。

大きい材料はその内部まで一気に冷えないので硬度が入りにくい、ということになります。

 

※②について

材質ごとに硬度の入りにくさに大きな違いがあります。

特にS45Cに代表される機械構造用炭素鋼は、注意が必要です。

0.3Kg程度の小物ではHRC50まで入ったのに、1Kg程度のものでHRC40も入らないことがあります。

また、このような場合、端ではHRC45入っているのに中央部ではHRC30程度ということもあります。

 

いくつか御提案できることがあります。

お気軽にお問い合わせください。

 



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  11名
  • 2級金属熱処理技能士  7名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2020年3月現在)


工具鋼のブランド対照表
営業エリア