金属熱処理 Q&A

 火炎焼入れ / 高周波焼入れに関するお問い合わせ

一つの製品内に高周波焼入するところとフレームハード(火炎焼入れ)をするところがあります。どちらから先に処理したほうがいいですか?

三次元の形状加工して

あるところに

フレームハードの処理、

平面部に

高周波焼入の処理を

するということでした。

 

フレームハードも

高周波焼入も

お互いに熱影響を与えないなら、

どちらから処理しても

問題ないでしょう。


ただし


高周波焼入するの業者様と

フレームハードする業者様は

同じですか?


違う業者様なら、

焼き戻しの温度は

確認すべきだと思います。


(同じ業者で請けてもらったほうが

間違いがないと思います。)

 

焼き戻し温度が高い方から先に進めると、

この点で言えば影響が少なくなるでしょう。

 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード