金属熱処理 Q&A

 コーティング / 時効硬化熱処理 / 硬さ / 銅(C1720など)に関するお問い合わせ

ベリリウム銅(C1720)の時効硬化処理後に、さらに表面だけ耐摩耗性重視のため硬くしたいので何か方法はありますか?

ベリリウム銅の時効硬化処理は
概ね315℃で行います。
 
その後に行う『表面処理の処理温度』が
『前処理の時効硬化処理の結果』に
影響を与えないものでなければなりません。
 
処理温度が300℃未満の表面処理で検討しますと
DLCというコーティングがあります。
 
処理温度目安 200℃
色 ブラック
硬度 Hv3000~5000
膜厚 0.1~1μm
特徴 摩擦係数小
 
ただベリリム銅にDLCコーティングを施すことは
実績が少ない事案になります。
貴社の処理の目的に合うかどうか
事前にテスト処理をしたほうが良いと思います。
 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします

 


熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード