金属熱処理 Q&A

 ステンレス鋼(SUS304、SUS440Cなど) / 伸びる・縮む / 合金工具鋼(SKD11、SKS3など) / 機械構造用合金鋼(SCM435など) / 特殊材料 / 窒化処理に関するお問い合わせ

プリハードン鋼ならば窒化をしても寸法変化の心配はないと考えてよいのですか?

原則、そのように考えて差し支えありません。

 

ただ窒化といえども500℃近辺で処理しますので

厳密な意味で寸法変化を『全くのゼロ』を

保証することではありません。

 

念のため

窒化の処理温度は事前に確認されることをお勧めします。

プリハードン鋼の種類によっては

窒化の処理温度との兼ね合いで

寸法変化を起こす可能性があります。

 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします

 

 



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード