金属熱処理 Q&A

 機械構造用合金鋼(SCM435など) / 火炎焼入れ / 特殊材料 / 硬さに関するお問い合わせ

プラスチック金型用鋼にはフレームハード処理(火炎焼入れ)ができるのですか?

プラスチック金型用鋼と言っても

様々な種類があり

『できる』ものもあれば

『できない』ものもあります。

 

PXA30という

大同DMソリューション㈱様の

プラスチック金型用鋼のカタログには

フレームハード性についての記載があります。

そのカタログによると

表面硬度でHV410ぐらい硬度が入るようです。

 

※PXA30はプリハードン鋼で

もともとHRC30~33の硬度が入っています。

 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします

 

 



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード