金属熱処理 Q&A

 硬さ / 調質に関するお問い合わせ

ブリネル硬度計で硬度を測定した後の圧痕の深さは何ミリぐらいですか?

S45Cの素材を調質して

ブリネルで硬度測定しました。

その後加工し研磨しても

硬度測定の圧痕が

取りきれなかったとのことです。

 

調質後ですと

圧痕の深さは0.5~1.0mm程度です。

 

例えば

黒皮のφ22mmの素材を調質して

加工した場合

仕上寸法φ20ですと

硬度測定の圧痕が

取りきれない場合があるかもしれません。

 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  11名
  • 2級金属熱処理技能士  7名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2020年3月現在)


工具鋼のブランド対照表
営業エリア