金属熱処理 Q&A

 ステンレス鋼(SUS304、SUS440Cなど) / 応力除去焼鈍に関するお問い合わせ

ステンレスの価格について質問です。SUS304の価格とSUS304Lの価格はどのくらい違うのですか?

SUS304製品の溶接後に

応力除去焼鈍をします。

粒界腐食対策から

SUS304でなくSUS304Lを

使うことを検討しているための質問でした。

 

弊社の独自調査ですと

SUS304Lの価格は

1.5倍から2倍になります。

 

また流通量の関係からだと思うのですが

材料の納期も通常より多くかかるようです。

 

上記のことから

どのような場合に

SUS304Lを選択すべきかが

知りたいところになります。

使用条件や

品質管理の面で判断しているようです。

 

圧力タンクの両端面部(これを鏡板という)や

品質管理に不安がある場合には

SUS304Lを使い

鋭敏化対策をします。

 

SUS熱処理Q&Aまとめはこちら

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします

 

一部旭化成エンジニアリング様の記事を参考にさせていただきました。



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要