金属熱処理 Q&A

 機械構造用合金鋼(SCM435など) / 硬さに関するお問い合わせ

『SCM435H』と『SCM435』の成分を比較したところ、『SCM435H』のほうが成分規格範囲が広くなっています。私が考えるには焼き入れ性を保証するためには成分規格範囲を厳しく範囲を狭くした方が良いと思うのですが、そこはどのように解釈されますか?

H鋼は焼き入れ性を保証しなければならない観点から、成分規格範囲を少し広めにとり、その範囲内であれば各メーカーの裁量に委ねていると解釈しています。

各化学成分ごとのコストや添加効果の違いを考慮して各メーカーで判断しています。

 

当社では外部に向けて『オンライン熱処理勉強会』を行っています。

▼オンライン熱処理勉強会について
(画像をクリック!)

 

 

 

 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします

 



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード