金属熱処理 Q&A

 割れる・折れる / 焼入れ / 焼戻しに関するお問い合わせ

『研磨割れ』と『焼割れ』の相違は何ですか?見分ける方法はありますか?

 研磨割れは、焼戻し温度よりも高い温度で研削加工を行った際に生じる割れが亀甲割れです。

焼割れは、焼入れ時の急冷によりワーク内外の膨張差により生じます。

どちらの原因で割れたのか簡単に見分ける方法として

割れた面の着色をみて判断するときがあります。

研磨割れであれば着色していないところ

焼割れであれば、焼き入れ時の急冷時に割れることによって酸化による着色している場合があるからです。

 

 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします

 


熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード