金属熱処理 Q&A

 焼なましに関するお問い合わせ

『球状化焼なまし』の方法は数種類あるようですが、どの方法が世の中で一般的に行われているのですか?

以下の方法が最も一般的です。
なぜなら簡便な方法だからです。


焼ならしを施した素材を760℃近傍に加熱しA1変態点直下に冷却し保持します。

その後650℃近傍まで約20℃/時間で徐冷し大気中で放冷する手法です。


最初に焼ならしを行う理由は、初析セメンタイトの影響を排除するためです。

なお、設備の条件としては焼入れ用のプログラム制御ができる炉になります。

 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします

 



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード