金属熱処理 Q&A

 機械構造用合金鋼(SCM435など) / 焼入れ / 焼戻し / 硬さ / 調質に関するお問い合わせ

φ50×300mmのSCM440材を調質して、全面にわたり深さ5mmまで30HRC以上の硬さを保証してもらうことは可能ですか?

SCM440ではなくSCM440Hの利用であれば保証できます。

材料記号に“H”が記された材料は“焼入性を保証”した鋼材(通称:H鋼)ですから『深さ方向の硬さ』を保証できます。
ただし、“H鋼”であってもワークの大きさや熱処理方法を考慮する必要があります。

H鋼であることを証明するために、ミルシートを取得しておいた方がよいでしょう。
※流通しているものは「SCM440はすべてH鋼である」という話をよく聞きますが、念のため確認をお勧めします。


焼入れ直後の硬さ(=焼戻前の硬さ)であれば、「JIS G 4052焼入性を保証した構造用鋼鋼材(H鋼)」のグラフが参考になります。
グラフから『深さ方向の硬さ』を読取り、強度計算に使用することをお勧めします。

 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします

 



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード