熱処理QA

黒染め

黒染め処理は、鉄系の素材の表面に緻密な酸化皮膜を作り、錆を防ぎます。素材自身の反応によって皮膜を形成するため、寸法精度が維持されます
四酸化鉄処理(しさんかてつしょり)、パーカーライジング(リン酸塩被膜)、フェルマイトなどとも呼ばれます。

黒染めの目的

耐食性、反射防止性、装飾性

材質

鉄系の材料
*鋳物(FC、FCD)やワイヤーカットした製品は茶色の色調になる場合があります
*SUSや非鉄は反応しないため不可


[ 熱処理 技術情報トップへ戻る ]



  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード