金属熱処理 Q&A

 硬さに関するお問い合わせ

熱処理を依頼したときに、熱処理した製品そのもので引張試験を行うことはできますか?

熱処理した製品そのものを

引っ張り試験することは難しいと思います。

 

理由は

引張試験は

試験機に試料をセットして実際に試料の両端を引っ張り

破断するまでの過程を測定する試験です。

つまり

試験機械にセットできるちょうどよい大きさでないと試験できないのです。

JISで試験の方法や試料のサイズが事細かに決まっています。

 

引張試験用のテストピースを別に作っていただき

製品と同じ条件で熱処理した後に

テストピースに

引張試験をすることになります。

 

引張試験は

破壊試験で試験結果数値のバラツキも考えられますので

テストピースの数はできれば3つ以上用意されたほうが良いかと思います。

 

また

引張試験は

金属材料のもつ機械的性質を測定るもので

形状による強度を測定するものではありません。

 

 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします

 



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  11名
  • 2級金属熱処理技能士  7名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2020年3月現在)


工具鋼のブランド対照表
営業エリア